1: 名無しさん 2018/01/31(水) 06:58:45.72 ID:fOf8OttZa

    2018年1月31日6時0分??スポーツ報知

     松坂の呼び名は「ダイスケ」改め「怪物」!? 中日にテスト入団した松坂大輔投手(37)が30日、沖縄・北谷でブルペン入りし、キャンプ地先乗り合同自主トレを打ち上げた。「ダイスケ」と呼ばれる山井大介投手(39)も合流し、呼び名をめぐって混乱。友利国際渉外担当が「松坂は『怪物』かな」と“改名”を提案した。

     松坂が沖縄入りして初めてブルペン入り。その隣で山井も投球練習したことから、予期せぬシーンが…。「ダイスケ!」の声に松坂が振り向いたが、森監督が呼んでいたのは山井だった。

     キャンプ2軍・読谷スタートの祖父江大輔投手(30)も含めれば3人の“ダイスケ祭り”。松坂は「あまり今まで(呼び名が重複した)経験がない。コーチも僕にも山井さんにも『ダイスケ』。山井さんや祖父江君は、どう呼ばれたいのかな」と苦笑いだ。

     松坂を中日入りに導いた友利渉外担当は「山井はヤマイ」と名字で呼ぶことに決定。松坂もマツザカと思いきや、横浜高時代からの異名「怪物」と呼ぶという。松坂本人も「何でもいいです。任せます」とOKのスタンスだ。

     ブルペンでは捕手を立たせて25球。キャンプでは西武時代の06年は1日最多333球、ソフトバンクの昨年も239球と、投げ込んでフォームを固めるタイプだが「球数を抑えめに、こまめにブルペンに入りたい。連投もアリです」と、調整方法の一新を表明した。

     順調にキャンプインを迎える松坂に、高校時代の「怪物」復活の予感か。森監督も「チャンチャラチャチャ~ン」と高校野球のアルプス応援曲を鼻歌で奏でるご機嫌ぶりだった。
    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180130-OHT1T50191.html
    no title


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517349525/

    【【中日】ダイスケ3人で大混乱!松坂の呼び名は「怪物」に? 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/01/29(月) 12:02:36.71 ID:EDpW5fYu0NIKU

    【中日】松坂「イジって!」ため口もOK…合同自主トレに合流
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000259-sph-base

    >ウォーミングアップ前に外野付近でナインに「松坂大輔です。仲良くしてください。怖がらずに話しかけてください」とあいさつした。
    すると、すかさず8歳下の大野雄が「ダイスケ~っ!」と大声のヤジ。周囲は爆笑に包まれた。


    >怒るどころかタメ口も許す。
    松坂は「全然アリです。結構、ノックのときも(ダイスケと)言われたんで。
    すぐに(大野)雄大がイジってくれて良かったです」と、後輩に礼儀よりノリの良さを求めた。
    入団テストに合格した23日の会見でも「どちらかと言うと後輩にナメられやすいタイプ」と自虐的に自己分析。
    日米通算164勝の大投手らしからぬフランクさで、新天地に溶け込もうと必死だ。


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517194956/

    【松坂「怖がらないでほしい。タメ口でもいい。」 大野雄「ダイスケ~っ!」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/01/27(土) 17:21:41.12 ID:ZNY7dsOU0

    高木「彼は派閥や外野の声を無視して、勝利に徹する為に優秀なコーチを集める事ができる。
    彼の言う通り、ドラゴンズのOBは勝つノウハウを持ってない人ばかり。以前、優秀なコーチが名古屋にいますかと聞かれて悔しいが何も言い返せなかった」


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517041301/

    【落合「中日OBって基本無能でしょ」高木「何も言い返せんかったわ…」 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/01/28(日) 06:04:50.45 ID:jHPvLDzt0

    外堀は埋まってるぞ


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1517087090/

    【松坂「イチローさんと一緒のチームで」京田「喜んで51渡す」アルモンテ「常にイチローのそばにいた」 】の続きを読む


    このページのトップヘ