2012年09月

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/09/06(木) 10:10:33.62 ID:fWxk1ufq 
      「状況次第では、来年も監督をやるかわからないですよ」  
       中日の高木監督を巡って、球界からこんな話が漏れ伝わっている。  
       高木監督の契約は2年。今季は巨人が独走し、目標としてきたリーグ3連覇こそ厳しい状況とはいえ、2位をキープ。  
      しかし、さる球界関係者によれば、「高木監督は前回監督時代の95年、チーム低迷の責任を取り、6月で早々と辞任した。  
      短気な性格だから、状況次第では自分から『辞める』と言い出しかねない」というのである。  
       来季の去就に影響するとみられるのが、最大のライバルである巨人との戦績だ。  
      今季の対戦成績は9勝9敗3分けとまったくの五分。直近では2カード連続で勝ち越しているものの、さる中日OBはこう言った。  
      「高木監督は現役時代から、巨人に対して強烈なライバル意識を持っている。実現する可能性が高いとみられるCSの対戦で巨人を撃破できるかどうかが大きなポイントになる。  
      公式戦で圧倒的なゲーム差をつけられ、その上CSでも負ければ責任を感じても不思議ではない」  
       高木監督がナゴヤドームの観客動員減に心を痛めているという話もある。  
     
      
    2 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/09/06(木) 10:11:13.81 ID:fWxk1ufq 
       中日が昨年、落合前監督を解任したのは、ファンサービスにあまり熱心でなかったことが大きかった。  
      今季は「ジョイナス~ファンと共に~」というスローガンを掲げ、高木監督も先頭に立ってファンサービスに力を入れた。  
      地元企業への“営業活動”に加え、キャンプでは多い日は500人ものファンにサインを書き続け、選手にもキャンプ直前の全体ミーティングで「サインを書いてくれ」と呼びかけた。  
       しかし、観客動員は1試合平均で2万9145人と、前年比で約2.1%減(2日現在)。  
      放送関係者は「空席が目立つナゴヤドームのスタンドを見て、『あれだけサインを書いたのに、お客さんが入らんなあ……』と寂しげに漏らしたこともある。巨人にも負け、このまま観客動員が前年を割り込むようなら、自らケツをまくるかもしれません」と話す。  
       中日は昨年、落合前監督の電撃解任で大騒ぎになったが、今年は高木監督の去就でバタバタするかもしれない。  
       
      http://gendai.net/articles/view/sports/138518?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter  
      【【悲報】高木守が辞任するかもしれない】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/09/06(木) 08:44:12.04 ID:z6/rgnHE 
      ウリーグ本塁打ランキング  
      1位 高橋 周平(18) 6本  
      1位 李 杜軒(24) 6本  
      1位 竹原 直隆(32) 6本  
      1位 ディアス(30) 6本  
      5位 田上 秀則(32) 5本  
      5位 江川 智晃(25) 5本  
     
    2 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/09/06(木) 08:44:34.39 ID:z6/rgnHE 
      ウリーグ打点ランキング  
      1位 高橋 周平(18) 36打点  
      2位 田上 秀則(32) 34打点  
      3位 野原 将志(24) 33打点  
      4位 李 杜軒(24) 32打点  
      5位 中西 健太(26) 30打点  
     
       【高橋周平(18)が現在ウエスタンリーグ2冠王】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/09/05(水) 09:22:28.64 ID:+T6+ZLqw 
      この日WBC参加が決まったことに関して中日の選手会長の吉見はとして「よかったのではないか。  
      出たいというより、出ないといけないと思っている。(野球は)五輪にはないし、WBCしかないのでと語った。  
      http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2012/09/04/kiji/K20120904004044890.html  
     
       【中日吉見「WBCは出ないといけないと思っている」】の続きを読む


    このページのトップヘ