1: 名無しさん 2019/01/28(月) 21:18:06.41 ID:tIt9uwgm0

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00288567-fullcount-base
大当たりの中日、不発の巨人&阪神…“補強”上手は? 12球団昨季補強検証【セ編】


引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548677886/

2: 名無しさん 2019/01/28(月) 21:18:26.08 ID:tIt9uwgm0

◯中日 A
大野奨太捕手(FA)
63試合137打数27安打2本塁打10打点 .197
松坂大輔投手
11試合6勝4敗0セーブ0ホールド 3.74
ソイロ・アルモンテ外野手
132試合498打数160安打15本塁打77打点 .321
スティーブン・モヤ外野手
46試合93打数28安打3本塁打16打点 .301
オネルキ・ガルシア投手
27試合13勝9敗0セーブ0ホールド 2.99
ディロン・ジー投手
4試合0勝3敗0セーブ0ホールド 4.00
ジョエリー・ロドリゲス投手(途中)
26試合0勝3敗1セーブ9ホールド 2.30

昨季の補強で最も成功したのは中日だと言っていいだろう。アルモンテはシーズン序盤に驚異的な活躍を見せるなど打率.321をマーク。
ガルシアはチームトップの13勝をあげ、モヤも試合数は少ないながら、ビシエドの不在時に結果を残すなど打率.301を記録した。
ソフトバンクを退団し、加入した松坂も6勝を挙げて復活した。多くの新戦力が活躍したにも関わらず、5位に沈んだのは正直、不思議なところ。
特に投手を中心に既存戦力が奮わなかった。今オフはDeNAとともに補強の動きは乏しく、現有戦力の底上げが必須だろう。


3: 名無しさん 2019/01/28(月) 21:18:51.56 ID:tIt9uwgm0

◯広島 D
レオネル・カンポス投手
1試合0勝0敗0セーブ0ホールド 0.00
ジョニー・ヘルウェグ投手(途中)
7試合0勝0敗0セーブ2ホールド 1.13
曽根海成内野手(トレード、途中)
11試合18打数5安打0本塁打2打点 .278
 
3年連続のセ・リーグ制覇を成し遂げた広島。昨オフは既存戦力が整っていたこともあって補強は最小限にとどまった。シーズン中にヘルウェグを獲得し、トレードで曽根が加入した。
ヘルウェグは中継ぎで、曽根は内野のバックアッパーとして貢献したが、そもそも補強という補強をしておらず、評価しづらいところ。今オフは課題だった投手陣を重点的に補強し、4連覇を目指す。

◯ヤクルト C
山田大樹投手
2試合0勝1敗0セーブ0ホールド 15.88
田代将太郎外野手
73試合31打数10安打1本塁打2打点 .323
マット・カラシティー投手
32試合7勝3敗3セーブ1ホールド 4.18
デーブ・ハフ投手
35試合3勝6敗0セーブ7ホールド 4.87
青木宣親外野手
127試合495打数162安打10本塁打67打点 .327
ジェイソン・ウルキデス投手(途中)
5試合0勝0敗0セーブ0ホールド 5.06

前年度最下位から交流戦最高勝率、リーグ2位まで躍進したヤクルト。新たに加えた助っ人の働きはまずまずだったか。カラシティーはリリーフでシーズンをスタートさせ、先発、再びリリーフと役割を変えて7勝をマーク。
ハフは先発で開幕を迎え、シーズン途中から中継ぎへと回り、7ホールドを記録したリリーフで貢献した。
日本球界に復帰した青木は打率.327の好成績を残した。助っ人陣は際立った成績ではないものの、青木の活躍もあり「C」とした。


4: 名無しさん 2019/01/28(月) 21:19:00.26 ID:gONFF3V2d

Aで5位とか伸び代ないじゃん


5: 名無しさん 2019/01/28(月) 21:19:16.63 ID:vhm3XjILa

大当たりで5位ってもうそれチームの底力がないってことじゃん
アマチュアレベルちゅうことじゃん


6: 名無しさん 2019/01/28(月) 21:19:18.60 ID:tIt9uwgm0

◯巨人 D
アレックス・ゲレーロ外野手
82試合287打数70安打15本塁打40打点 .244
テイラー・ヤングマン投手
4試合3勝1敗0セーブ0ホールド 2.77
野上亮磨投手(FA)
25試合4勝4敗0セーブ1ホールド 4.79
上原浩治投手
36試合0勝5敗0セーブ14ホールド 3.63

セ・リーグ3位に終わり、球団ワーストタイとなる4年連続でリーグ優勝を逃した巨人。昨オフには中日を退団したゲレーロを獲得し、FA市場で西武から野上を獲得したが、どちらも期待に添うことはできなかった。
外国人枠の影響もあり、2軍暮らしが長かったヤングマンは4試合に先発して3勝をマーク。上原は5敗を喫したものの、中継ぎの一角として働いた。
当初の期待値の大きさに比べると、成果としては乏しく「D」評価。今オフは大補強を敢行しているが、今季こそはその補強が的中するだろうか。


7: 名無しさん 2019/01/28(月) 21:19:21.75 ID:pTiiV2H60

なおガルシアはry


8: 名無しさん 2019/01/28(月) 21:19:27.19 ID:tIt9uwgm0

◯DeNA B
エディソン・バリオス投手
14試合2勝5敗0セーブ0ホールド 3.33
ネフタリ・ソト内野手
107試合416打数129安打41本塁打95打点 .310
武藤祐太投手
20試合0勝0敗0セーブ4ホールド 6.46
中川大志内野手
47試合57打数13安打2本塁打7打点 .228
大和内野手(FA)
113試合394打数96安打2本塁打27打点 .244
中後悠平投手(途中)
8試合0勝0敗0セーブ1ホールド 3.68
伊藤光捕手(トレード、途中)
47試合128打数25安打1本塁打11打点 .195
赤間謙投手
1軍登板なし

セ・リーグ4位に終わり、クライマックスシリーズ進出を逃したDeNA。とはいえ、昨オフに獲得したソトが107試合の出場で本塁打王に輝く大活躍を見せた。
FAで加入した大和は打率.244は今ひとつながら、堅実な守備でチームに貢献。シーズン途中に加わった伊藤も47試合でマスクを被った。
何よりもソトの活躍が大きく上々の「B」評価だ。今オフの補強は最小限となっており、それが今季の成績にどう出るか。


9: 名無しさん 2019/01/28(月) 21:19:41.62 ID:tIt9uwgm0

◯阪神 D
ウィリン・ロサリオ内野手
75試合281打数68安打8本塁打40打点 .242
尾仲祐哉投手(FA人的補償)
12試合0勝1敗0セーブ0ホールド 3.86
岡本洋介投手(トレード)
34試合1勝0敗0セーブ2ホールド 3.83
エフレン・ナバーロ内野手(途中)
66試合203打数56安打3本塁打25打点 .276
飯田優也投手(トレード)
1試合0勝0敗0セーブ0ホールド 12.00

17年ぶりの最下位に終わった昨季の阪神。リーグ優勝を目指して行った補強がハマらなかったのも、その一因となった。
なんといっても、三顧の礼で迎え入れたロサリオが輝けず。打率.242、8本塁打に終わり、ファーム暮らしを強いられることもあった。
代役として獲得したナバーロは打率.276を記録したが、チームを上向かせることはできず。榎田が西武で大活躍した一方で、トレードで獲得した岡本は34試合の登板で1勝2ホールド止まり。
成功とは言えない補強だった。今オフも積極的な補強を行っており、その成果がどう出るか見ものだ。


10: 名無しさん 2019/01/28(月) 21:20:42.16 ID:tIt9uwgm0

no title

中日・アルモンテ(左)、DeNA・ソト

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00288567-fullcount-base&p=2