小笠原慎之介

    1: 名無しさん 2017/01/04(水)12:18:45 ID:xLK

    2年目のシーズンを迎える中日小笠原慎之介投手(19)に期待せずにはいられない。
    1年目の結果は2勝6敗、防御率3・36。負け越してしまったが、「勝ち負けを逆にして(勝ち星を)2倍にしたい」と12勝を宣言。
    チームが最下位に沈んだ今季は80年以来、36年ぶりに2桁勝利を挙げた投手が不在となった。「投手王国」の復活には小笠原の活躍が欠かせない。

    11月に左肘の手術を受けたが順調に回復。年明けのキャッチボール再開が予定されている。
    完全復活を遂げ、先発ローテーションの一角へ-。エースの称号を背負う日も近いかもしれない。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170104-01756674-nksports-base
    no title


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1483499925/

    【中日小笠原の強心臓が「投手王国」復活に導く】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/12/04(日)21:39:51 ID:gD2

    オフのイベント参加は「3回目くらい」という慎之介。キャリアは浅いが、笑いを取るのは手慣れたものだ。まずは堂上を評して「何してもカッコいい。好きになっちゃいそう」と、うっとりした表情でラブコール。
    司会の森貴俊アナウンサー(40)に「どこがいいの?」と尋ねられると、食い気味に「全部!」と答えて一部の若い女性から悲鳴に似た歓声を浴びた。しかし9歳上の先輩遊撃手は「小笠原はあまりタイプじゃない」。告白から10秒でフラれてしまった。

    さらに最近ハマっていることとして、フジテレビ系のアニメ「ドラゴンボール超」(日曜午前9時)を視聴することと明かし、「“かめはめ波”を自分もできないかと思ってやってるんですが、なかなか気がたまらなくて…」と軽くボケた。
    そして森アナの「じゃあ、やってみてください」のムチャ振りに尻込みすることなく「か~め~は~め~」と全力で両手を突き出そうとしたその瞬間、椅子の上に置いたマイクが轟音(ごうおん)とともに床に落ちるハプニングで強制終了。
    竜のゴールデンボーイはファンだけでなく、笑いの神にも愛されているようだった。


    以下全文
    http://srd.yahoo.jp/new/hl?a=20161204-00000184-sph-base
    no title


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1480855191/

    【【悲報】小笠原慎之介、公開告白するも10秒で振られる】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/11/12(土)08:26:52 ID:tUJ

    トランプやハンバーガーの柄のパーカーの模様

    http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/draban/20161112/index.html


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1478906812/

    【【悲報】 中日小笠原 星条旗パーカーに続く変服準備中】の続きを読む

    1: 名無しさん 2016/10/23(日)20:07:32 ID:OQ2

    中日の小笠原慎之介投手(19)が左肘の強い張りのため、26日から始まる沖縄秋季キャンプの参加を見送ることが23日、分かった。

     小笠原は22日に左肘の強い張りを訴えて、愛知県内の病院でMRIなどの検査を受けた。この日のナゴヤ球場での秋季練習でもキャッチボールは行わず、ノックの際もグラブトスで返球するなど、スローイングは封印。
    「(大事を取った?)そうです。秋季練習で投げすぎているのでコーチ陣に(スローイングを)止められた。(沖縄キャンプは不参加?)そうなると思う」と26日以降もナゴヤ球場で調整を続けると説明した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161023-00000238-sph-base
    no title


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1477220852/

    【【悲報】中日小笠原、左肘張りのため沖縄秋季キャンプ見送り】の続きを読む


    このページのトップヘ