根尾昂

    1: 名無しさん 2019/01/31(木) 14:07:22.25 ID:oRKw631O0

    まさに「国民の息子」。根尾昂がメディアもファンも惹きつける理由。

    決してオーバーではなく「寝ても覚めても根尾」であり「明けても暮れても根尾」である。

    年が明け、合宿所への引っ越しを済ませたあたりから、中日ドラゴンズの話題の中心にはドラフト1位の根尾昂がいる。

    報道陣は根尾の歩く後ろを追い、前でも待ち構えている。自主トレが行われているナゴヤ球場にテレビ局の中継車がやってきたこともある。

     肌感覚でいえば報道される8割は根尾がらみだろうか。ちょうど1年前に騒ぎになったのが松坂大輔。さすがに忘れられたとは言わないが、今や根尾に関するコメントを平成の怪物が求められる事態になっている。

    なぜ根尾なのか。甲子園で春夏連覇を達成した。つまり、結果を残したというのは大きな理由となる。しかし、それがすべてとは思えない。

     なぜなら、大阪桐蔭からは根尾を含めて4人がドラフト指名され、プロの世界に飛び込んだが、同じように騒がれているわけではないからだ。

    大人の目から見たとき、根尾は安心感の塊である。間違っても的外れな質問をした記者をにらみつけたりはしないし、なおかつ大口もたたかない。

    この安心感は、まさしく「理想の息子」。偉ぶらず、浮つかず、野球に取り組む。ドラゴンズジュニアの一員としてプレーした小学校時代から、東海地方では「飛騨の神童」として有名だった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190131-00833337-number-base


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548911242/

    【【朗報】中日・根尾昴くん 「国民の息子」になる 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2019/01/23(水) 14:06:14.26 ID:9TNZI2uXp

     中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18=大阪桐蔭)が23日、ナゴヤ球場で行われている合同自主トレで下半身の張りを訴え、一部別メニュー調整となった。

     ノックを受けている際に張りがあったといい、その後の打撃練習は見合わせ、治療を受けた。

     球団によると「本人は“大丈夫です”と言っている」と軽症とみられるが、春季キャンプ目前とあり、念のため病院で検査を受ける予定。


    引用元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548219974/

    【【訃報】根尾昂、病院で検査 】の続きを読む


    このページのトップヘ