高木守道

    1: 風吹けば名無し 2013/09/22 21:32:50 ID:SR/vPz3b

     DeNAに惨敗した中日高木守道監督(72)は怒り心頭だった。「話にならん! 一番腹が立つゲームや! 何が広島や!」。
     先発西川らの3暴投、田中らの2捕逸、さらには4回には本盗(鶴岡がスクイズを空振りも捕手が取れず、その間に三塁走者が生還)まで許す6つのバッテリーミスが飛び出した。西川のけん制悪送球や高橋周の捕球ミスなど2つのエラーも重なり、8失点の自滅負けとなった。
     3位広島を追う目標をあきらめたかのような覇気なき戦い。11年間守り続けてきたAクラスは、もはや風前のともしびだ。

    http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130922-1193599.html


    引用元: 【中日】高木監督激怒「何が広島や」

    【【中日】高木監督激怒「何が広島や」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/07/25(木) 11:54:26.93 ID:UXx12nWN

    中日・高木守道監督(72)の退任が事実上、決まった。同監督が24日、名古屋市内で白井文吾オーナー(85)に、
    前半戦の報告を行ったものの、今季限りで2年契約が切れる指揮官の続投を明言しなかった。球団が後任人事に着手する中、
    谷繁元信捕手(42)らが候補に挙がっている。

    11年連続Aクラスとはいえ、観客動員数は減少の一途。つまり、話題性のある監督へのスイッチが、球団の責務となる。
    そこではOBだけでなく、広く人材を求めていく。おりしも、来季は中日ドラゴンズとして60周年を迎える。記念イヤーの指揮官として、
    親会社の本社筋から名前が挙がるのが、今季2000安打を達成した谷繁だ。

     まだ現役続行についても可能性を残しているものの、ファンの信頼も厚い上、何より落合前監督が退任会見の時には
    「いい指導者になる」と“お墨付き”を出したほど。生え抜きではないものの、リーダーの素質は抜群といえる。

    http://www.sanspo.com/baseball/news/20130725/dra13072505030001-n1.html


    引用元: 中日・高木監督今季限り…後任に谷繁

    【中日・高木監督今季限り…後任に谷繁】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/07/04(木) 22:11:07.32 ID:yupB0jQ3

    @CBCラジオ

    高木監督談話
    「(辻について)内容は課題だらけだね。三振にとった後ストレートの四球だったり。
    2回に2点取られた時点で代えるといったんだが、今中コーチにもうちょっと投げさせてくれと言われた。」
    そのことで中継ぎが楽になったと考えると良かったね。
    あれだけ走られたということは癖も出てるんだろう。そのあたりもきっちりやっていかないと
    今日は荒木に尽きる。(アライバは)スタメンを外れて屈辱だと思うよ。俺もわかる。ベテランになってスタメンで出れなくなる気持ちはね。
    チームとしては仕方ないんだ。ただ2人の頑張りなくしてうちは上にはあがれない」


    引用元: 今中コーチ、ジョイナスに意見する

    【今中コーチ、ジョイナスに意見する】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/06/15 23:39:48 ID:CfB2zsff

    <ロッテ8-10中日>◇15日◇QVCマリン
    今季プロ野球最長の5時間44分の激闘を制しても、中日高木守道監督(71)は怒り心頭だった。「長くても勝ちゃいいと言ってたけど、今日はそんな気にならん! 投手コーチは投手に甘いよ」。
    本人の志願で大野雄大投手(24)を8回も続投させた今中投手コーチ(42)の判断に食ってかかった。
    「点を取られたら承知せんぞ! と言うとったけど、点を取られたどころじゃない!」。
    その大野が8回につかまり、鈴木、小林、中田賢の救援陣も打ち込まれ、一挙6失点で同点。楽勝ペースが一転延長12回まで戦うハメになり、笑顔はなかった。
    http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20130615-1143252.html


    引用元: 【中日】高木監督激怒!今中コーチが甘い

    【【中日】高木監督激怒!今中コーチが甘い】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2013/05/23 12:53:16 ID:Yg82j69f

    中日高木守道監督(71)が継投失敗の采配を悔やんだ。5回1失点と好投の岩田が突然6回に崩れたことに触れ、厳しい表情だ。
    「7回も8回も投げる投手やない。よう投げたんだから点をやる前に代えなきゃいけなかった。遅れた…」。
    6回頭からでも中継ぎ陣を送り込むべきではなかったのか。それは投手起用を「任せている」という近藤&今中両投手コーチへの指摘だった。

    岩田KO後に救援した岡田も、糸井と山本に連弾を浴びてこの回5失点。勝敗を決定づけたこの投入も悔しげに振り返った。
    「序盤の(いい時の)キレがない。使わんようにと言ってるけど出すんだよな。やりくりが下手やね。1、2点ならまだしも急に5点じゃ勝てん」。
    岡田は両リーグ最多26試合目の登板。疲労を考えれば、投入は間違いだったと明言した。


    引用元: 【朗報】高木監督のコーチ批判は熱いゲキだった

    【【朗報】高木監督のコーチ批判は熱いゲキだった】の続きを読む


    このページのトップヘ