森繁和

    1: 名無しさん 2017/05/09(火) 07:41:36.94

    中日・森繁和監督(62)が8日、反攻のノロシを上げた。
    7日の巨人戦で連敗を6で止めた指揮官は
    「とんでもないことが起きるかもな」と最下位からの大逆襲を予告した
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000004-sph-base


    引用元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1494283296/

    【【中日】森監督が逆襲宣言!「とんでもないことが起きるかもな」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/05/04(木) 19:52:52.45 ID:00bNXXGU0

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170504-00000187-sph-base
     堪忍袋の緒が切れた竜党の怒号を浴びた。試合後、森繁和監督(62)がバスに乗り込もうとしたところ「7点も取ってなんで負けるんだよ! 何点取ったら勝てるんだよ!」と絶叫が渦巻いた。
    声の主は、森監督の肖像イラストを掲げた男性。ゴールデンウィークを利用して名古屋から広島まで遠征してきたとおぼしき熱心なファンも悪夢を見せられた。


    引用元: http://hawk.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1493895172/

    【【悲報】中日ファン監督に罵声「7点も取ってなんで負けるんだよ!」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/12(水)22:23:48 ID:k5V

    https://www.tokairadio.co.jp/program/gutsnighter/2017/04/12/

    森監督談話

    (藤井の決勝打について)
    たまには仕事するよね

    (京田について)
    ここ(神宮球場)は慣れているんだろう?

    (三ツ間について)
    1イニングの予定だったけど、延長の事・相手の打線の事を考えて2イニングになった。

    (ビシエドのエラーについて)
    昨年もやってるよ。


    神宮では(ここ数年)よくなかったんで、たまには良いことがあってもいいでしょう!
    2勝目でだるまでいうと両目があいた。
    これで僕も(チームも)うまく歩けるだろう。


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1492003428/

    【今季2勝目をあげた、中日・森繁和監督 「ダルマで言うと両目が開いた」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/07(金)00:02:08 ID:yQ8

    https://www.tokairadio.co.jp/program/gutsnighter/2017/04/06/

    ●森監督談話

    グチにはならないよ。塁上は賑わしたけどね、踏んばっているところもある。

    (投手陣について)
    連投しているピッチャー、三ツ間とかね、そんなに経験ないし、岡田も万全ではないだろうな。
    そういう選手も使っていかないといけない状況。

    (打線について)
    大島にビシエドに平田、ヒット出ている。ただ、次の一本がね…。
    得点になかなか結び付かない。
    バルデスが失点する前に、うちが先に点を取っていれば、違う展開になっただろうね。
    ミスは無くさないといけない。送りバントも一つのミス。サインミスも出た。

    (チームについて)
    一つ勝てばね…。
    みんな勝ちたいんだよ。ただ、結びつかない。
    明日もゲームがある。何か起きると期待している。


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1491490928/

    【5連敗の中日・森繁和監督 「明日、何かが起きると期待してる」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/04/04(火)22:32:13 ID:Chl

    https://www.tokairadio.co.jp/program/gutsnighter/2017/04/04/

    (若松について)
    オープン戦は良くなかったので仕方がないが、点の取られ方が悪かった。
    良い所もあったけれど、勝ちにこだわる点で3回に代打を使う采配を使った。

    僕も勝ちたいというのはもちろんそうだけど、選手が一番そう思っているし、ファンの方もそう思ってるでしょう。
    そのために変なプレッシャーをかけたくない。決して、愚痴らないし、怒ったりしない。

    投打がかみ合わず、勝ちに持っていけるゲームにならないけど、
    そんな中で、溝脇のホームランだとか、三ツ間の好投だとか、
    あぁいう風に名前を覚えてもらえるように、楽しみな選手が出てくれば、
    きっと孝行息子が出てくれるし、きっとベテランもやってくれるでしょう。

    クリーンアップが打ってくれれば勝ちパターンになってくるでしょう。

    一人で何とかしようと思わないで、みんなでなんとかしようとプレーして欲しい。
    一人一人がプレッシャーがかからないように、僕もプレッシャーをかけない。
    必ず勝つときがくるだろうから、プレッシャーを与えていない。


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1491312733/

    【中日・森繁和監督 「必ず勝つ時が来る。みんな勝ちたいと思っている。」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/03/06(月) 05:06:27.39 ID:GNJ36lkY0

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170306-01788144-nksports-base

    他球団のファンを育成させる森繁
    no title


    引用元: http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1488744387/

    【朗報 ナゴヤドームに来場した小学生 ドラゴンズに絶望しロッテファンに】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/02/15(水) 00:42:48.90 ID:+UF7y3NV0

     バレンタインデーの14日、中日ナインも女性ファンからチョコのプレゼントを受け取っていた。
    1軍宿舎に届いたプレゼントの数がナンバー1だったのが杉山翔大捕手(26)の22個。
    以下、2位は若松駿太投手(21)の15個、
    3位はドラフト2位・京田陽太内野手(22)=日大=の8個と、19年ぶり最下位に沈んだ昨季の成績を反映してか、低調だった。

     そんなムードを察してか、女性記者陣も奮発して森繁和監督(62)に愛の贈り物を手渡した。
    「お返しを待ってます」と笑顔を見せた記者に、指揮官は「3月14日? もう俺はいねえかもしれない」と開幕前の休養を示唆するブラックジョーク。
    手書きのメッセージが書かれたハート型のカードを見つけると「電話番号は書いてないのか」と鼻の下を伸ばしていた。


    引用元: http://raptor.2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1487086968/

    【【悲報】森繁「(ホワイトデーの)3月14日?もう俺はいねえかもしれない」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/01/11(水)22:56:21 ID:pji

    ◆主な出席者 中日・小笠原道大2軍監督、同・大島洋平外野手、同・野本圭外野手、西武・辻発彦監督、DeNA・二宮至2軍監督兼外野守備コーチ、日本ハム・武田久投手、石毛宏典氏
    高橋尚成氏=スポーツ報知評論家=、ヨネスケ、スピードワゴン・井戸田潤、吉本興業・大崎洋社長、サマンサタバサジャパンリミテッド代表取締役・寺田和正氏
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170111-00000207-sph-base

    ハンバーグ師匠呼ばれてて草
    no title


    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1484142981/

    【森繁和監督を励ます会の出席者www】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/01/05(木)20:51:59 ID:CKO

    TVインタビューで
    (監督の一番の仕事とは?)
    全責任は監督でしょうね。現場としての一番上は監督。その下にヘッドや投手コーチなどがいるが、単なる部署の役割分担。どちらが悪くても全責任は監督が取らないといけない。

    https://youtu.be/z2-d9sfHrxE



    引用元: http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1483617119/

    【中日森繁和監督「責任は全て取る」】の続きを読む


    このページのトップヘ