ドラゴンズ

    1: 名無しさん 2018/01/05(金) 18:25:37.68 ID:ciUm86VS0

    1月下旬入団テストも…松坂に中日グループ内からいぶかる声「“客寄せパンダ”にすらならない」

    中日が、ソフトバンクを退団した松坂大輔投手(37)の入団テストを今月下旬にナゴヤ球場で行うと発表。
    “怪物”の復活を期待するファンも多いだろうが、中日グループの一部からは「現状の松坂では“客寄せパンダ”にすらならない。逆に、いまいる選手の士気が下がる」といぶかる声が上がっている。

    松坂が入団テストを受けることになった背景には、球団内派閥の微妙なパワーバランスがあるようで、
    同グループ関係者は「西武で現役時代から松坂の兄貴分で、森繁和監督にとっては西武コーチ時代以来の弟分にあたる友利結編成部国際渉外担当の強い推薦があったと聞いている。
    ウチはいま“西武色”が強く、彼らの発言力が異常に強い。テストとはいうが、事実上合格も決まっているのではないか」と首をひねるのだ。

    実際、落合博満前GMが権勢を振るっていた時代から、その盟友の森監督が指揮を執る現在に至るまで、中日生え抜きのOBは冷遇される一方、
    土井打撃コーチ、奈良原内野守備走塁コーチ、森脇内野守備走塁コーチ、小笠原道大2軍監督ら、主にパ・リーグで活躍していた人材が登用される傾向が強い。

    ソフトバンクでの3年間は右肩を手術するなど1軍登板がわずか1試合に終わった松坂。まずはどういう形で“公正”なテストが行われるか。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180105-00000013-ykf-spo
    no title


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1515144337/

    【【悲報】松坂大輔さん、「“客寄せパンダ”にすらならない」とまで言われる 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/01/04(木) 15:44:09.02 ID:1pzak95Y0

    【中日】森監督、松坂に「(ダメなら)引退試合をつくってもいい」…インタビュー
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180103-00000279-sph-base

    松坂がルーキーイヤーの1999年、森監督は西武の2軍投手コーチだった。平成の怪物は高卒1年目から3年連続最多勝に輝くなど日米通算164勝を挙げた。
    だが、昨季まで3年間在籍したソフトバンクでは右肩の不調もあり未勝利。それでも旧知の指揮官は「入団テスト」というチャンスを与えた。
    「そういう(どん底からはい上がろうとする)ヤツが男として好きなんだ。前にもいただろ(07年に育成選手として獲得した中村紀洋のこと)。
    投げられるんであればだが、ウチだったらチャンスはある。ずっと出ろって言ってる訳じゃない。10日に1回投げて(登録と抹消を繰り返して)1勝でも2勝でもしてくれればいい。
    お客さんを100人でも200人でも呼んでくれるかも分からない」
    一方で、やはりダメだった…という可能性もある。Rソックスでは6年総額5200万ドル(当時のレートで約62億円)など、高年俸を得ていたプライドもネックになるのではないか。
    「きれいに『辞めようや』と(勧告して)引退試合をつくってもいい。あれだけ『松坂世代』と騒がれ、みんなが憧れたスーパースター。
    (西武OBとして)メジャーに行こうがソフトバンクに行こうがOKだったんだが、最後は引退試合をしてやった方がいいんじゃないか。
    (年俸は)あれだけ稼いだんだから、いまさらカネじゃないだろ。一応、契約書は作るが、(極端に例えれば)ゼロか、それともマイナス1000万か。純粋に野球がやりたいんであれば、あとは本人が決めることだ」
    no title


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1515048249/

    【【朗報】松坂大輔さん、テスト不合格の可能性も 】の続きを読む

    1: 名無しさん 2018/01/01(月) 06:41:02.49 ID:IvwmAegc0

     中日が、今秋ドラフト1位候補の大阪桐蔭高・根尾昂内野手(2年)を獲得した場合、二刀流で育成するプランがあることが31日、分かった。エンゼルスに入団した大谷翔平投手(23)を育てた日本ハムにならい、内外野をこなし、打力も一流、投げても最速148キロの非凡な才能を最大限に引き出していく。

     中田宗男スカウト部長(60)は「本音で言うと、(投手も野手も)両方いける。最終的には本人次第だが、当然(投打の)2つともやらせたいというのがある」と本人が希望した場合、二刀流の育成方法や起用法で応えると明言した。さらに「(野手なら)遊撃手」と、DHに専念した大谷と違い、最もハードな守備位置も任せられると持論を展開した。

     中日にとって地元に等しい岐阜・飛騨市出身の逸材。同部長は「中学時代からずっと注目していた。ぜひともプロを志望してほしい」とエールを送る。二刀流が去った日本球界に、新たな二刀流が姿を現すか。

    http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180101-OHT1T50002.html
    no title


    引用元: http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1514756462/

    【【中日】ドラ1候補の大阪桐蔭・根尾、獲得できたら二刀流育成プラン 】の続きを読む


    このページのトップヘ