ドラゴンズ

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/10/25(木) 13:41:36.97 ID:sWkdHL73 
      中日が上位指名候補に挙げる愛工大名電高の147キロ左腕・浜田達郎投手(18)は24日、  
      愛知県春日井市の同校グラウンドで練習し、ドラフト前日の心境を語った。  
      浜田は12球団OKの姿勢だが、「地元が一番です」と胸の内では中日の指名を待っている。  
      PK2012102502100075_size0
     
      http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/201210/CK2012102502000081.html  
     
       【上位指名候補の浜田「好きな球団は中日」】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/10/11(木) 12:58:26.38 ID:yY4cgQM4 
      ブランコ・ソーサ→来季いなくなる可能性  
      ネルソン・ら・英智→退団/引退  
      選手の更なる老化  
       
      ヤ・バ・イ  
     
       【【緊急】来季ついにドラゴンズがBクラスになりそう】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/10/10(水) 08:51:17.81 ID:AMzoOjrW 
      http://www.sanspo.com/baseball/news/20121010/unv12101005040002-n2.html  
      >中日・石井スカウトも今季9勝(11敗)の広島ドラフト1位の野村祐輔(明大)を例に挙げ  
      >「東浜の方がいい。上(プロ)で一年やれば、それ以上いくんじゃないか」と“プロ2けた級”と評した。  
     
       【中日スカウト「東浜は野村以上の成績を期待できる」】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/10/07(日) 05:27:35.32 ID:occVDpcW 
      福留5番&西岡1番!和田虎、戦力構想固まった  
      http://www.sanspo.com/baseball/news/20121007/tig12100705060001-n3.html  
       
      ★中日は交渉難航  
       
       福留について古巣の中日は、積極的な姿勢は示していない。左翼は和田が健在で、中堅は初の盗塁王  
      が確実な大島、右翼にも一発が魅力の平田や堂上剛ら若手が順調に成長している。そのため、福留と  
      いえども、マネーゲームに参戦してまでの獲得は考えていない。関係者によると、すでに球団は福留サイド  
      と接触したといい、交渉は難航していると話している。  
     
       【【朗報】中日、福留との契約交渉難航】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/10/02(火) 18:29:05.27 ID:iL735BDL 
      【中日】金剛弘樹、平井正史、小笠原孝、斉藤信介、久本祐一、高島祥平、加藤聡(育成)に契約を更新しないことを伝えました。  
      また3日に帰国するマキシモ・ネルソン投手には既に同様の通告を済ませています。 #npb  
     
       【中日戦力外発表】の続きを読む

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/09/20(木) 22:22:18.38 ID:m4uVMTfe 
      中日が、米大リーグ、ヤンキース傘下の3Aスクラントンを自由契約になった福留孝介外野手(35)の獲得に向けて来週中に名古屋市内で交渉することが20日、分かった。球団幹部が明らかにした。  
      福留が6月にホワイトソックスを自由契約になった際、高木監督が強い関心を示しており、球団もその動向を注視してきた。  
      福留は99年に日本生命からドラフト1位で中日入り。フリーエージェント(FA)で、08年にカブスに入団した。  
      今季はホワイトソックスに所属したが、故障もあって6月下旬に自由契約となり、その後はヤンキースとマイナー契約を結んだが、メジャーへ昇格できなかった。  
      http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120920-00000051-mai-base  
       
      誠意が見れるのか  
     
       【【悲報】福留が中日と交渉へ】の続きを読む


    このページのトップヘ