平田

    1 名前:風吹けば名無し[] 投稿日:2012/05/16(水) 13:30:51.14 ID:BMWQaE7S 
       平田の判断力の素早さを垣間見た。12日の広島戦の9回1死一、二塁で谷繁が中飛となった場面。  
      二塁走者の福田は打球の判断を誤り、塁を飛び出した。タッチアップでなく、通常の走塁で本塁へ。  
      それを見た瞬間、一走の平田は外野からの返球で自分がタッチアウトされるべく、あえて一塁を飛び出したのだ。  
       
       実はコレ、特殊なルールを応用した走塁。福田が本塁を踏んだ後、平田がタッチアウトとなった場合、3アウトで攻守交代となるが、得点が認められるのだ。  
      広島がこれを阻止するにはボールを持った状態で二塁を踏むなどして、生還が無効であるとアピールする必要がある。  
      「(野球マンガの)ドカベンで昔、同じシーンがあって…。とっさに飛び出しました」  
       
       ちなみに広島はタッチアウトを狙わず、二塁へ送球。特殊なルールとは無関係な併殺となり、策略は実らなかったが、頭脳プレーは光った。  
       
      (清水裕介)  
       
     
       【平田の野球脳wwwwwwwwwwww】の続きを読む


    このページのトップヘ